エントリー

[日々の出来事] 成人式の前撮り撮影

ファイル 394-2.jpgファイル 394-3.jpg

長女の成人記念で写真撮影に行ってきました。実際は来年に成人式を迎えるのですが、成人記念の写真撮影は半年くらい前から予約が埋まってしまうというのが昨今の事情のようです。

うちは長男次男の成人の時も家族写真を撮っているので、今回も一昨年から同居を始めた義母と6人で撮影しました。

これで子供は全員何とかまともに?成人できたという安堵感8割とどんどん手を離れていく寂寥感2割という感覚です。

父親として子に何を伝える事が出来ているか?と問われると「…」というのが正直なところです。仕事やスポーツの組織には明確なルールや目的がありますが、家族という一番身近な組織にはそういうものが一番あいまいでぼやけているように感じます。

しかし、規約を作成し明文化するようなものではないと思うので、私の仕事の仕方や生き方に対する姿勢から感じ取ってくれている事を願うしかありません。

次回の家族写真は子供達の結婚式でしょうか?私たちに還暦記念でしょうか?その時に人数が増える事があっても減る事がないよう願っています。

以上です (^_^)/

[日々の出来事] 現場力を磨く!

ファイル 393-1.jpgファイル 393-2.jpgファイル 393-3.jpgファイル 393-4.jpg

6月6日〜8日の3日間、男子バスケットボールチーム アイシンAWアレイオンズ安城のトレーニング合宿に帯同し、コーチング力&現場力を磨いてきました!

帯同というとニュアンスが弱く感じますが、体作りのためのトレーニングが目的なので、今回は「私が監督!」くらいの意気込みで臨みました(主役はもちろん選手!)。

場所は静岡県清水市のナショナルトレーニングセンター「J-STEP」です。名前の通りサッカーのための設備が充実した施設ですが、体育館やトレーニングジムなど室内競技にも充分対応できます。

アレイオンズのTRコーチに就任して8年目。1年目から「体作りのためのTR合宿をやりたい」と訴え続け、8年目にして実現できた理由は次の3つです。

□ 引退した選手を含め、選手の社業とバスケットに対する姿勢と実績が認められた。

□ 会社の業績が好調である。

□ 手前味噌で恐縮ですが、私がTRコーチとして信頼を得られている。

こうして実現したTR合宿であり、内容はすべて私に任されていたので、コーチとして私の持っているものすべてをぶつけられる合宿でした。普段こんな事はないんですが、夜 宿舎のベッドで次の日の進行や内容のを考えていると目が冴えてしまい眠れなってしまいました…

私の普段の指導スタイルとして、事前に大まかな進行は決めていきますが、細かい内容は早めに現場へ行き、トレーナーの報告を聞き、選手の状態を観察しながら、歩いたりストレッチしたりする中で決めていきます。机の前で考えていても頭の中に浮かんでこないんですね。

今回の合宿のメインテーマは専門的体力の強化で、その中でもフットワークにおける敏捷性の向上です。短時間で正確に速く動くという行為は効率的な重心移動と集中力によるところが大きく、動きに慣れてくると動作を流してしまう傾向があります。自分のトップスピードで自動化されるといいんですが、そのレベルに到達するまでに流してしまうと向上が臨めません。

そこで役立つのが写真の「光電管センサー」です。この自動タイム計測機を用いて、毎回正確なタイムを選手に伝えるので集中力が途切れません。選手にとっては心身共に抜けない過酷な?合宿となりました。短期間でしたが、1日目の午後と夜、2日目の午前午後と夜、3日目の午前と計6回のセッションで、心身共に限界値を引き上げられ、一皮むける事のできた合宿だったと感じています。

「充実した合宿ができて良かった!」で終わっていては意味なく、これをバスケットボールのスキル向上へつなげ、試合で良い結果を出して、初めて今回のTR合宿が評価されます。

私にとっても自分の能力を全力でぶつける事ができたとても有意義な合宿でした。私を信頼し全力で取り組んでくれた選手の皆さん、私が指導しやすいようにサポートしてくれたスタッフの皆さん、痛んだ選手を懸命にケアしてくれたトレーナーの皆さん、ありがとうございました!このチームで頂上を勝ち取りましょう!!

以上です (^_^)/

[日々の出来事] ラブレターをいただく!?

ファイル 392-1.jpg

何十年ぶりかに手書きのラブレター?をいただきました。

今年4月から始まったデイサービスでの高齢者を対象とした身体機能改善エクササイズの指導。週1回で30分のクラスを3本やっています。

そこに毎回参加していただいている方から写真の短冊をいただきました。

「先生、今の私の気持ちを短歌にしてみました。」といただいた短冊にはこのように書かれてありました。

「フィットネス ハッとおどろき 身の変化 動きかろやか 命のめぐみ」

この内容はラブレターより嬉しいです。感動しました!

私は両親を早く亡くし、生きていれば同じくらいの年齢なので、親に褒められたような感覚で、ムズムズした嬉しさを感じます。

今までにない新たなモチベーションで、高齢者のセカンド&サードライフのQOLに貢献していきます!

以上です (^_^)/

[こだわり!?] つい買ってしまうジュース

ファイル 389-1.jpg

見かけるとつい買ってしまうのが、写真の「王林りんごジュース」と「桃ジュース」! JR(首都圏だけ?)駅構内の自販機で昨年秋頃から見かけ、一度飲んでから病みつきになったしまいました。

りんごジュースには「ストレート果汁100%」「青森県産 まるごと搾った~」「密閉搾りのコク・香り」。桃ジュースには「果汁75%贅沢品質」「福島あかつき」「贅沢なとろける食感」という文言が書かれていて、それにやられてしまいます。

「どこで取れたものなのか?」「どういう食感なのか?」という興味に対して、適度にしつこく?表現されているのがいいですね!?

仕事で自分自身をプレゼンする時、「どこに所属していてどういう経歴なのか?」「どういう人柄でどういう指導をするのか?」という事を簡潔に短時間で伝えられると相手に伝わりやすいという事ですね。

もちろん大切なのは、ジュースも仕事も「中身」です!

以上です (^_^)/

[日々の出来事] 特定養護老人ホーム ささりんどう鎌倉

ファイル 388-1.jpgファイル 388-2.jpgファイル 388-3.jpgファイル 388-4.jpg

4月から「ささりんどう鎌倉」という特定養護老人ホームで週に1回グループレッスンを担当しています。

内容は「筋トレ(初級)」「筋トレ(中級)」「ソフトエアロビクス」の3クラスで1クラス30分です。一度参加者の方に失礼を承知で年齢を尋ねたところ、一番若い方で70歳 最年長は101歳でした!

クラスの参加者は女性が8~9割で、施設利用者も7~8割が女性です。70歳以上の男女人口比がおよそ4:6なので、女性のクラス参加者が多いのは仕方ないと思われますが、女性の方が元気で積極的な感じがします。

指導を初めて1ケ月たち、一番感じている事が「参加者のモチベーションを如何に継続向上させるか!?」という事です。プログラムの内容や構成、インストラクションももちろん重要ですが、如何に気持ちを前向きにしてもらえるかという事でレッスンの効果が違ってきます。

「もう歳だから」「痛い」「覚えられない」と体の不自由さを言い訳をして諦めている方に対し、高齢でも、若い頃のように体を動かす事が出来なくてもやれる事があると感じていただき、続けて行けば自力で立ち上がれるようになり、歩けるようになるという事を体感していただきます。

これは週1回30分のクラスだけで実現するものではないので、施設の介護員、理学療法士の方と連携し、利用者のご家族と情報を共有することで、利用者のQOL(クオリティ オブ ライフ)を高くする事が可能だと考えています。

こうやって考えてみると、スポーツにおいてケガ人を競技に復帰させる過程とほぼ同じです。体の回復は心の持ち方で決まりますね。この経験がTRコーチとして新たな成長になっている事をヒシヒシ感じます。私も参加者の皆さんと一緒にまだまだ成長していきます!

指導と関係のない話ですが、最寄り駅の大船で下車するようになって初めて気が付いたんです。大船駅から見える観音様は肩から下はないんですね!? てっきり見えないだけで30mくらいある全身像だと勝手に思い込んでいました。

以上です(^_^)/

エントリーページ移動

佐久間浩司ブログ

パイロッテイジ代表佐久間浩司のブログへようこそ!こちらではお知らせや活動報告、日々の出来事等をご紹介します。

過去ログ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -